現代の治療法

現代病とされるアレルギー性鼻炎の今に至るまでを追う

時代が新しくなると、人々の生活に変化をもたらすものが出現する場合があります。時代の変化の中で、文明は人の生活を便利にしましたが、現代病と称される症状を発症するなどの一面ももっています。アレルギー性鼻炎などもその代表的なものとして挙げられます。 アレルギー性鼻炎については、ここ40年の間で飛躍的にその症状を発症する人が増えてしまったともいわれていますが、世界的に見ると、発見されたのは19世紀に入ってからの事とされています。アレルギー症状は、鼻以外にも発症する事があり、この場合には、かなり古い平安時代にも喘息などの症状で苦しんでいた記述が、書物の中に読み取れるとしています。アレルギー性鼻炎として病気が発見され、治療が始まったのは19世紀に入ってからの事です。ここ最近では、鼻の粘膜を焼くレーザー治療なども治療方法の一つとなっています。

将来的な動きを予測してみる

アレルギー性鼻炎については、アレルギー疾患の一つとされていますが、よく知られている事としては、やはり現代特有の疾患ともされています。アレルギー性鼻炎をもつ人の割合が増加している事は、注目すべき点ではありますが、根本的治療として完治するまでに至っていないというのが現状でもあります。その原因としては、アレルギー性鼻炎の場合には、マウス実験が進んでいないともいわれていますので、今後は、アレルギー性鼻炎に集中した研究で明確な治療方法が解明される事が望まれます。 また、アレルギー性鼻炎の治療として、注射やレーザー治療などの患者への負担もあるため、今後はお薬の服用などで根治できる治療方法が確立されるなども予想されます。