効果的な医薬品

アレルギー性鼻炎の仕組み

鼻づまりや鼻水、くしゃみといったアレルギー性鼻炎の症状で悩んでおられる方たいへん多いです。アレルギー性鼻炎がどうして起きるかというと、これは鼻から息の出し入れをしときにあります。通常、鼻で空気を吸ったとき、空気中に含まれる酸素などとは別に、花粉やハウスダストといった鼻の粘膜で有害となる物質を一緒に取り込んでしまうために起きます。これらが鼻の粘膜に付着してしまうと、抗原となり、アレルギー反応を引き起こしてしまいます。鼻の粘膜ではこれらの抗原対して、常に抗体を生成してはいるものですが、抗原が過剰に摂取されてしまうと、抗体と抗原が結び付いてしまい、「ヒスタミン」という刺激物質を発生させます。これによりアレルギー性鼻炎の症状がでるというわけです。

鼻炎を治す根本的な方法

アレルギー性鼻炎を治したいというかたはどうするべきか--単刀直入に言えば、耳鼻科医などの専門医に診てもらうことです。例えば、薬局や薬店において、薬などを自分で購入されている方というのは沢山おられると思いますが、こいった市販薬というものの多くは、「第二医薬品」と呼ばれるもので、自分が困っている症状以外にも効く成分が配合されていて、症状を余計に悪化させてしまう場合が多分にあります。最近は医師などが処方する「第一医薬品」というのも市販されてますが、症状があまりにひどい場合は、薬による根幹治療というものは不可能に近く、必要とあれば医師による手術が大きな要となってきます。 もし、市販薬で症状をだましだましにしておられる方がいるのなら、早めの受診おすすめします。